イベント後も着るためのデザイン

イベント後も着るためのデザイン クラブやサークル、会社やお店などのイベントに際して、オリジナルTシャツを作るのは楽しいものです。せっかくのオリジナルTシャツですから、そのイベントを宣伝するデザインにするのは当然です。でもそこで少し考えてみましょう。そのTシャツは、その時だけしか着ない物でしょうか。それでは勿体ないと感じる人が多いのではないでしょうか。
Tシャツは着やすいですし動きやすいですし、何かと便利な衣服です。たとえば散歩着や買い物着、部屋着などとして十分に活用したいと思うのが自然です。そんなとき、イベントの名称やロゴなどが派手に印刷されたTシャツだと、再利用するのに少し気後れしてしまうこともあるかと思います。
イベント終了後も引き続きオリジナルTシャツを着るなら、デザインは控えめにするのがお勧めです。イベントの名称やロゴなどを、さりげなくクールに配置する感じにしておくと、ためらわず何かと色々な機会に着やすくて便利です。

オリジナルTシャツ洗濯時の注意

オリジナルTシャツ洗濯時の注意 自分で考えて作った世界に1枚しかないオリジナルTシャツ。大事に長く使うためには洗濯する時に注意が必要です。
まず、ドライクリーニングは絶対にしないで下さい。ドライクリーニングは油溶性汚れを除去するためインクが落ちてしまいます。漂白剤入りの洗剤の使用も控えましょう。オリジナルTシャツをネットに入れて通常の洗濯機で洗って下さい。初めて洗濯する場合は色落ち、色移りの可能性があるので、色移りして困る衣服とは別々に洗う方が無難です。
乾燥器の使用も生地の縮みやインク剥がれの原因となるので避けた方が良いです。洗った後は陰干しで乾かしましょう。
オリジナルTシャツにアイロンをかける際は、プリントされてある部分に直接アイロンを当てないようにして下さい。インクが溶けてにじんだり剥がれてしまう可能性があります。厚めの当て布を使ってアイロンをかけて下さい。
正しい取り扱い方をチェックして思い出のTシャツを長持ちさせて下さい。